路地裏のブルース

久しぶりにキクリンの近況を書こうと思う。キクリンは何度かこのブログにも登場したことのあるミュージシャンで、関西を中心に奔放にシャウトしている幼なじみだ。そんな彼も当然、平日は仕事を全うしていたのだが、20代の頃からアルバイトでお世話になり、社員として現場主任まで任されていた会社を辞めたと昨年末に耳にした。話を聞くと知り合いのライブバーに住み込みで働くことになったという。オーナーは隣接する居酒屋も経営しているらしく、ゆくゆくは職人として料理も切り盛りして店を任されるらしい。
本人から話を聞いたときに、「好きなことを仕事にする」ということに、プライドや年齢は関係ないのかも知れいないと変に納得してしまい、友人として陰ながら応援してやりたいと思えたのである。
「店の場所はどこなん?」と尋ねたところ、「西成の萩ノ茶屋」と答えた。あの、漫画「じゃりん子チエ」の舞台でもあり、大阪の下町も下町で、最近は日雇い労働者向けの宿泊所が海外からのバックパッカーを呼び寄せて話題にもなった。
大阪人は「西成」という地域を警戒している(あくまでも私見です)。治安が悪いイメージを抱いている方もいるだろう。ぼくは常に不穏な空気が漂いながらも、大袈裟だが、人間の本質というか凄みというのか、そこでしか生きていけない人たちの呻きに似た感情を同化してる町のように思えてならないのだ。
あくまでごく一部の住人だけでほぼ普通の町と何ら変わらないのだが、そんな西成に地元を離れて住み込みで暮らしているキクリンを冷やかしに行ってきた。四つ橋線花園駅に降り立つと真冬の厳しい夜風が身に染みた。ぼくはマフラーを強く結びポケットに両手を突っ込みながら、味のある商店街の典型ともいうべき鶴見橋商店街を通り抜けると、左手に「あき酒場」という暖簾が目に飛び込んできた。こじんまりした店構えから何か楽しげな空気が漂っている。扉を開けると前掛け姿のキクリンが初々しく出迎えてくれた。どの料理も安価で味も悪くない。店内はマスター好みのブルースが流れている。ぼくはあえて長居はしなかった。
何かを始めることに早いも遅いもないのだろう。キクリンの充実した笑顔が物語っていた。場末の路地裏でキクリンのシャウトを聞いた夜だった。

f:id:kaba1981:20190208171237j:plain
f:id:kaba1981:20190208171209j:plain