燃えよドラゴンズ!

最近、出張で名古屋に訪れる機会が多い。いまでこそ名古屋という場所や土地柄がわかるようになったが、そもそも「愛知県」とは呼ばず、「名古屋に行ってくる」で通ずる不文律が成立すること自体、ぼくが不可解な場所にさらしめていた。日本列島の真ん中に位置し東西の中心的場所にありながら、どうも文化や経済の屋台骨としてうまく機能していないきらいがある。ビジネスでよく愛知県民と京都府民の近似的な部分が話題に上がる。それは否定的な意見で、どちらの県民も会話の中に感じる表向きとは違うどこか腹を見せない態度がどうも苦手だというのだ。ぼくもその意見には肯く。悪気がないのはよくわかる。ただ、腹を見せて「どうや」という多くの関西人のビジネスからしてみれば、そういう気取った態度が鼻持ちならないのだろう。もしかする東京の一極化がこうまで進むと、名古屋に住んでいる人たちには大阪のようにそこまで張り合う必要性がないと感じているかもしれない。実際、名古屋には天下のトヨタがあり、名古屋駅前の再開発にしろ自動車分野や建設業界ほか、しばらくは好調を維持するに違いない。東西の中立的なポジションで独自の文化を今後も続けていくだろう。
ぼくは決して名古屋が嫌いではない(念のため)。その証拠にぼくは食べることを好むので、名古屋に訪れたときには名物を味わうことが楽しみだ。「きしめん」「手羽先」「ういろう」「ひつまぶし」「味噌カツ」「小倉トースト」。名古屋にはメディアで取り上げられた名店が数多く存在する。先日も久しぶりに立ち食いそば(きしめん)の「住よし」の暖簾をくぐった。ご存知の通り、新幹線名古屋駅ホームに構える、立ち食いそば信者の文字通り駆け込み寺である。新幹線から降りてこのきしめんがまず初めに名古屋に来たことを実感させ、時間にタイトなサラリーマンたちのお腹を満たし鋭気を養ってくれる。恐ろしいほど無愛想な親父が目を疑うほど素早い手際できしめんをカウンターに並べると、どんぶりからの湯気とそばつゆの香りがなんともいえない。名古屋を知らない方や否定的なご意見がある方は、改札をくぐる前に一度味わっていただきたい一品である。

f:id:kaba1981:20180610114619j:plain
f:id:kaba1981:20180610114646j:plain