年をとろう

以前に紹介したミスチルファンの同級生に誘われて、半年ぶりにコンサートに行ってきた。しかも今回はミスチルのライブではなく、「寺島呼人」である。あのバンドブームを率先していたJUN SKY WALKER(S)のベーシストであり、知らなかったのだが「ゆず」や「植村花菜」など多くのアーティストをプロデュースをしているらしく、作詞家、作曲家とマルチに活躍しているみたいだ。
正直、ぼくは名前は知っていたがジュンスカ以降の彼の所在はまったく知らなかったので、今回「寺岡呼人バースデーツアー 50歳/50祭」のチケットをパッと見て、「もう50歳になったんだ」という感想だけで惹きつけられるものはなかった。しかし出演アーチストの中に「桜井和寿」「K」「さだまさし」という名を見て同級生に承諾し大阪城ホールに足を運んだのだった。
会場で同級生とその仲間たちと合流したが、前回も述べさせてもらったが、ミスチル以外のアーチストのライブであっても、桜井和寿が一瞬でも拝めるならば全国どこへでも出動する彼女たちのバイタリティーには心から敬服する。
彼女たちから今回のライブの流れやいきさつを聞いてみた。デビュー前から寺島さんを兄のように慕い交流があった桜井さんをはじめ、プロデューサーとして関わった「K」(恥ずかしながら彼のことを知らなかった)や尊敬している「さだまさし」ら、ゆかりのあるゲストが集い、この50歳の記念イベントを東京と大阪で開催するそうだ。
ライブの2時間前にはぞくぞくとファンが詰めかけ、会場の外はすでに熱気で溢れかえっていた。さすがに女性陣が大半を占め、主役の年代だけあって落ち着いた30代~40代ぐらいが中心のように思われる。ぼくもこの年代に混じってなんら違和感なく居心地のいいこの雰囲気に耽溺している自分が怖かった。しかし、彼女たちは違う。さすがである。すでに桜井さんの情報交換からチケットの手配に余念がなく、ライブに決して溺れていない。自分を見失っていない。そしてチケットの席もアリーナの前から6番目という特等席を用意してもらい、会場が暗転していよいよライブがはじまった。
ライブ終了後、ぼくの第一声は「いや~、面白かった」であった。3時間以上の長丁場ながら想像していた以上のパフォーマンスがこれでもかと披露され、こういう記念ライブとしては実によく演出されていた。そして主役である寺岡呼人という人物の人柄にも好感をもった。どうみても50歳に見えないだろう。これは誰しも異論はないはずだ。スタイルの良さ。甘いマスク。全体から漂うオーラに嫌味がないのだからお手上げである。言葉の端々や共演アーチストとの絡みを見て、相手のことを気遣えるやさしい人であることは察しがつく。自分より若い演者たちにも配慮をして、なおかつ自然に相手の引き出しをさらけ出せる技量は相当なものだ。こんな大人になれたら、こんな先輩が近くにいたらと、ライブの途中何度も考えさせられ唸らされた。ゲストのさだまさしの音楽にも翻弄された。歌声の美しさと旋律が心地よく、おまけにMCの面白さといったらもう。それだけで満足である。
本来のお目当てである桜井さんはというと、彼女たち曰く今日はイマイチだったらしく採点は辛かった。ぼくにはそうは見えなかったが、追いかけている彼女たちだけにわかる何かがあるのだろう。
それにしても寺岡さんにしても桜井さんにしても年齢をまったく感じさせないパフォーマンス力には頭が下がる。一方、見習わなければならないことも沢山あったように思う。ぼくは俗にいう、「ちょい悪オヤジ」は若者ぶって誇示する姿勢がみっともなく嫌いだが、彼らのような歳の取り方や姿勢には大賛成である。
年末から再開したダイエットにも力が入る。ぼくは冬の夜風が身に染みたが、心も身体も締めていこうと気合いを入れ、目の前のライトアップされた大阪城に誓うと、白い息を吐きながら会場をあとにしたのだった。

f:id:kaba1981:20180217171051j:plain