えべっさん

今年はいつにもまして寒いのではないか。冬は寒くて夏は暑くなくては、こと日本では景気は回らないのであろうが、カイロを腰や背中に忍ばせ繁華街を歩いていると、道行く人たちが笹を担いで通りすぎていく。
「今日はえべっさんだったな」。ぼくはすっかり「えべっさん」のことを忘れていた。
えべっさん」とは関西地方で有名な祭事で、商売繁盛・家内安全・交通安全を願い「縁起物」を求め多くの人が参拝する儀式である。
年始めの9日~11日に行われ、9日を「宵えびす」、10日が「本えびす」、11日を「残り福」と呼び、一般的に「10日えびす」と称呼され、関西地方で古くから伝わり、街のあちらこちらで笹を持った団体を目にすることになる。
主に個人や会社で商売を営む人たちのルーチンであり、いわゆる「縁起物の象徴」として飲食店やオフィスの壁などに破顔一笑の「えびす様」が飾ってある。
全国的には「えびす様」または「恵比寿神」と呼ばれている七福神の一人で、関西地方では親しみを込めて「えべっさん」と呼んでいる。
釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様で、遠くの海からやってきて人々をしあわせにする神様とも呼ばれ、「漁業の神」としても有名であり、漁港や水産関係などでもその人気を博している。
「商売繁盛で笹もってこい!」という関西色丸出しのフレーズを連呼し、「福笹」と呼ばれる笹の葉を神社で手に入れ、商売繁盛を祈願し、さまざまな縁起物(鯛や米俵や小槌など)を飾り付けてそれぞれオリジナルティー溢れる福笹を完成させて福を自宅に持ち帰るのである。
恵比寿神(えびすのかみ)」を祭る神社で行われるのだが、大阪だと「今宮戎」や「堀川戎」などが有名で、全国のえびす様を司る総本社の「西宮神社」では、毎年ニュースなどで取り上げられる西宮えびす独特の伝統行事として「開門神事」が行われる。開門を待っていた数千人の参拝者が一番福を目指し、離れた本殿へ早く到着した順に1番から3番までがその年の「福 男」として認定される。最近は抽選で順番を決定するそうだが、全国の体力自慢の若者たちが一堂に集い、夜明けの群青の真下で寒風を切り裂いて駆け抜ける姿は熱気で息を飲む。
ぼくも何年か前にえべっさんに足を運んだが、時間を問わず人の並みが押し寄せ、藁にもすがるどころか笹にでもすがりたい群衆に圧倒された記憶がある。今年は参加できなかったが、いつかは福男になってみたいものだ。