星をください

毎年恒例の舞鶴釣りキャンプに行ってきた。今回で6年連続の参戦である。いきさつは、上司の行きつけの居酒屋の大将とその常連客らで京都府舞鶴にある田井漁港にて、釣りと酒を思う存分堪能する企画だったのだが、その大将が店を閉めたきっかけで参加者は減りつつ、昨年は5名だけになっていた。

上司はしばらく居酒屋難民に陥っていたが、半年ほどでようやく好みの合う店を2店舗発掘。今回その大将2人を巻き込み常連客にも声をかけ、総勢14名の大規模なイベントとなった。

行き先の舞鶴日本海若狭湾に面し、自然豊かな町並みが広がり日本三景天橋立も近隣にはあって、夏は海水浴、冬はウィンタースポーツにと関西でも人気の観光スポットである。その反面、舞鶴には海上自衛隊が既存し日本海における海上自衛隊の最重要拠点で、有名な「岸壁の母」のモデルになった引き揚げ記念館など社会的にも歴史が非常に興味深い。
そんな山と海に囲まれた町を通り抜け、何をしに行くかといえば、メインは釣りである。獲物はそう、「アコウ」である。夏の魚である高級魚のアコウはこの季節になると体高も申し分なく油ものっていて、焼いてよし、煮てよし、刺身ならなお良しと、釣りキチたちの最高の肴なのだ。心強いことに今回はマスターが3人(現役は2人だが)もいるので、料理に関しては何の心配もなく、ただただプロの手さばきを傍観していればいい。
当日の明け方、ぼくらは舞鶴道の西紀SAで集合した。初対面の方々や何しろ「マスター」と呼べば3人振り返るのだから大変である。うまくコミュニケーションが取れるか心配だったが、そこは酒飲みの常連客同士、要領を得ている。現地に到着した頃にはすでに打ち解けあい、お互い釣りに夢中になっていた。
そして肝心の「アコウ」はというと、いくら釣竿を垂らそうとも一向に当たりもなければ影すら見あたらず、釣り上がってくるのはカワハギやサンバソウ(石鯛の子)、ベラなどの小物ばかりで、長時間の激闘の末、今回初めてアコウとご対面できなかった。
しかしながら、みんなの小物でも一喜一憂し楽しんでいる姿を目の当たりにし、その笑い声が何よりの疲労を和らげてくれた。
いよいよ夜はお待ちかねのキャンプである。段取りは経験値から完璧である。具材、酒、機材、食器類、手筈通り進行するだけである。切り抜いた一斗缶に材木で火を起こし、オレンジ色の炎を囲んで火照りきった顔を指さして爆笑しあう。
うまい肴と最高のロケーションの中で仲間らと時間を共有することが、普段の生活から逸脱し、くだらない憂さや人間関係などそれぞれが抱えている問題なんて、たいしたことではないと気づかされる。
しんと、静まり返った野道に外灯のライトが幻想的に映える。つまるところ、ストレス社会で生きているぼくらは年を重ねるに連れ、子どものころに体験した発見や驚き、感動を追求していくことが本懐ではないか。
そして、このキャンプでのもう一つの楽しみは「星」である。透き通った夜空とはこのことである。決して都会では拝見できない、混じりっ気なし純度100%の空漠の夜空には言葉は無力である。
宴が終了し、ぼくは車に戻りシートを倒してその群青色に浮かぶ光沢の北斗七星や冬の大三角形を漠然と眺めていた。今回の準備から当日までの段取りをひとり思い出し悦に入り、贅沢な星空と潮騒を子守唄に深い眠りに落ちていったのだった。
 
 

f:id:kaba1981:20171016101650j:plain

f:id:kaba1981:20171016101753j:plain

f:id:kaba1981:20171016101824j:plain

f:id:kaba1981:20171016101917j:plain