LOVEはじめました②

開演10分前に入場すると、まずその長居スタジアムの広大さに驚いた。陸上競技場として、数々のスポーツの祭典の舞台や世界のイベントに利用されてきたこの聖地に足を踏み込めるのは、高校球児が甲子園の土を踏むかの如く、ぼくは何かを達成したわけでもないのに、ひとり感傷に溺れて漠然と立ち尽くしていた。すでにスタジアムは見渡す限り人の山で、ほぼ満席に埋まっている。ぼくらはアリーナ席のちょうどステージから中央付近の場所で、ステージ上の演者を目視でき、なおかつ全体を見渡せる文句のない最高の場所であった。
開演が近づき緊張と興奮が最高潮に達し、スクリーンに過去の名曲にまつわるPVやアニメーションが流れ、ステージにミスチルのメンバーが遂に登場した。はっきりいって、そこからライブ終了までの記憶がほとんどない。これからライブに行く人もいるだろうから、詳細は省くが、期待を裏切らない素晴らしいライブだったことは伝えておきたい。2曲目の「シーソーゲーム」でやられてからは、怒涛のラインナップに打ちのめされ、最後の「終わりなき旅」のときにはもう完全にKOされた状態で、3時間の激闘に茫然と夜空を眺めるしか力は残っていなかった。
まずライブ振り返って記すべきことは、ステージのセットや高画質なスクリーン、レーザー光線や照明、音響に至るまで一流も超一流で、計算尽くされたクリエイターたちの失敗を許さない妥協なきプロ魂がひしひしと会場全体に伝わってきたことである。途中からは何か映画を観るような、ぼく自身がスクリーンに吸い込まれ出演している感覚に陥り、この経験だけでお釣りがくるなと思う。そしてミスチルメンバーの凄さをいやというほど堪能した。まず、メンバー全員が40代後半にさしかかったとは思えない身体が示唆するように、真夏のステージで3時間も歌詞も間違わず高い奇声を張り上げて走り回れる体力が、もう尋常ではない。普段から鍛えているのだろうと察しはつくが、プロというのはやはりプロであって、日本のトップアーティストに長年君臨し続ける理由がライブを観戦すれば一目瞭然で理解できた。何よりオーディエンスを意識しながらも巧みに演出するあたりが、したたかで銭を取れる数少ないアーティストであって、その答えが年代を越えて若者からおじさんまでを夢中にさせてしまう才能なのだろう。
ライブ終了後、ぼくは夜道を歩いていた。きれいな夜空だった。数十年振りのライブがミスチルでよかった。しかしまあ、音楽の力とは計り知れないものだ。またミスチルファンは、過去のアーティストのファンに比べマナーもよく、文字どおり音楽を楽しんでいるなと好感がもてた。心地いい夜風を肌に感じながら帰路に着き、さっそくミスチルの昔のアルバムを取り出したのは言うまでもない。

f:id:kaba1981:20170814201838j:plainf:id:kaba1981:20170814201927j:plain