「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

日本のバスケットボール界は、フロント問題や幾度の変革、またプロスポーツ化によって対立や分断、統合、水面下から表だってまでさまざまな問題をここ数十年抱えてきた。過去のいざこざが、日本のバスケットボールの競技自体のレベルに反映したことも否めず、バスケットボールを愛する一人として、今後のあり方、協会の手腕に注目をしている。
そんな中、昨年の秋に新たな男子プロリーグが発足した。その名も「Bリーグ」。発足の経緯や目的などの詳細は同HPを参照していただきたい。先日にはB1リーグのシーズンが終了し「栃木ブレックス」が初代王者に輝いた。
栃木ブレックスには田臥勇太という選手が在籍している。バスケットに詳しくない一般の方も彼の名前をご存知かもしれない。名門能代工業時代には主要タイトルを総なめにし、留学や日本で功績を挙げ日本人初のNBAプレイヤーにもなった。テレビや雑誌で取り上げられ、一時期、田臥が日本のバスケット界を牽引していた。高校時代、はじめて田臥のプレーを生で見た衝撃と現在36歳となった田臥が重なり、ぼくは新たな日本のプロリーグの頂点で活躍している彼の姿に感慨深いものがあった。
そんなB1、B2リーグのプロリーグの下に「B3」というリーグが存在する。全9グラブが加盟し、レギュラーシーズンを戦い抜きB2リーグとの入れ替え戦にチャレンジする図式で、この辺は日本サッカー協会と組織的に近いかもしれない。そのB3チームの中に、「東京サンレーヴス」というチームがある。東京の調布、多摩地区を中心に活動するこのチームのヘッドコーチ、指揮官の名は「楠本和生」。そう、ぼくの高校時代の恩師であり、部活の顧問であった「くっさん」である。敢えてここでは親しみとリスペクトを込めて「くっさん」として表記して語ることをお許し願いたい。
くっさんについて述べることは、こっぱ恥ずかしく、また厄介で、思い出がありすぎて困るのだが、殊に高校から大学、社会人前半に共有した時間がそのままぼくの人間形成に大きく影響を与えた人物であるのは間違いない。はじめて出会ってからもう20年が経った。あのときのくっさんが、今のぼくより若かったというから、尚更月日の早さを実感する。
高校時代、ぼくは大阪でも評判の悪い男子校に入学したが、あのときくっさんと出会わなかったら確実に非行に走り、ドロップアウトしていただろう。金魚の糞のようにバスケット部のマネージャーとして常に楠本和生という男の側にいて共に行動し、ある時間を共有できたことは本当に貴重で財産となった。
一言で形容するならば、くっさんは金太郎飴であり、どこを切っても、どこを叩いても同じくっさんであるということだ。そしてバスケットボールというスポーツをこれ程までに熟知し、情熱を傾ける人間をぼくは知らない。あまりの熱量にこちらがむせびるぐらいだ。コーチとして190センチを越える体躯で全身で選手に伝える姿は頼もしく、不思議と側にいて安心感を与えてくれた。また特筆すべきは交遊関係で、バスケットボールの関係者ならすべて知り合いではないかと疑うほど幅広い。それは信頼の裏付けでもあり、くっさんと出会うとわかるがその魅力に皆翻弄されるのだろう。そういった実績や能力からオファーがあって、現在B3のヘッドコーチに就任したことは必定で、戦略やコーチングに定評があり選手の能力を引き出すことに長けているくっさんを東京サンレーヴスが迎えたことは大正解だ。
くっさん自身プライベートでは苦労し、どん底を味わった時期もあるそうだ。また我が強いあまり、他人に誤解や迷惑をかけることもあって、トラブルも多かっただろう。媚びない故、妥協しない故、失敗することも安易に想像がつく。ぼくも否定はしない。正直一人の大人として首を傾げることもある。ただ、そういった己の弱い部分や情けない部分を包み隠さず見せる姿を、ましてや教え子にさらけ出せるだろうか。一見、社交的で明るく健康的に思われるかもしれないが、本来、恐ろしく人見知りで、ネガティブであり、また他人に気を使いながら生きているのではないか。そしてぼくらが想像している以上に、寂しがり屋で人の温もりや愛情を必要としているように思えてならない。偉そうなことを述べてしまい申し訳ない。ただ、東京で一人暮らしをしながら、大好きなバスケットボールに携わり、50を過ぎても夢を持ち続けている我らがくっさんを誇りに思い、あと3年となった東京オリンピックでは日本のバスケットボールチームにくっさんが関わっていることを切に願っている。ぼくら教え子たちも先生に負けじと、それぞれ違うフィールドで活躍していきたいものだ。
先日、半年ぶりに先生と酒を交わした。先生御用達の大阪の上本町の地下街で、思い出話に花が咲き、あの頃と同じように頭をひっぱ叩かれるのも、この歳になっては新鮮であり痛快でもある。
皆さま。是非、くっさんこと、楠本和生と東京サンレーヴスをご贔屓に。

f:id:kaba1981:20170618161810j:plainf:id:kaba1981:20170618161825j:plain