それぞれの蹄跡

胸がドキドキしている。今週末、日本競馬界の最高峰のレースが東京競馬場で行われる。
そう。日本ダービーである。日本ダービーというと、競馬を知らない方も一度は耳にしたことがあるのではないか。実は日本ダービーは副称であり、本来は「東京優駿」が正式なレース名である。
かれこれ本格的に競馬をやりはじめて10年以上経つであろうか。きっかけは、当時東京で広告代理店の営業マンとして働いていたときだった。世間では何やら「ディープインパクト」という名の馬が賑やかしていた。「競馬か・・・」そのときのぼくは殊更興味を抱くことなく、ひとつのギャンブルとして捉えていた。こどもの頃には、サッカーボーイがオヤジたちを熱くさせていた。学生の頃は、ダービースタリオンが爆発的人気を誇り、やれ、ナリタブライアンヒシアマゾンだと、友人たちが喚いていた。それでもぼくは興味を引くことはなく、むしろ同じギャンブルでも麻雀やパチンコに熱を入れていた。それが、自宅のテレビで何気なく流れていたディープインパクトが無敗の三冠馬となった菊花賞のレースを見て、競馬の魅力を痛烈に感じた。ブラウン管から届くサラブレッドの容姿が目に焼き付き、直線、他馬を寄せ付けない圧倒的な強さでゴールしたディープインパクト。ジョッキーの武豊はその走りを「飛ぶ」と形容したが、引退レースの有馬記念を見ればわかると思うが、間違いなくあの馬は飛んでいた。
そんなわけで、はじめは目もくれなかったディープインパクトがきっかけとなり、関西に戻ってからは阪神京都競馬場に足繁く通うことになる。競馬とは、文字通り「馬」が「競う」わけだが、その年生まれた7000頭ほどのサラブレッドで、わずか18頭しか一生に一度の日本ダービーの舞台に立つことかできない。一頭、一頭どんな轍を歩いてきたのだろうか。馬と会話が可能ならば、飼い葉を肴にだだっぴろい牧場でインタビューでもしてみたいもんである。
2017年、5月28日。生産者、オーナー、調教師、助手、ジョッキー、すべての関係者とファンの願いを背に、新緑の季節に薫風が爽やかに吹き抜ける。

f:id:kaba1981:20170526155431j:plain